夜間

歯科の夜間診療 意外にも抜け落ちやすい注意すべき点は?

まず、「夜間診療は需要がある」ということを忘れてはいけません。つまり、夜間診療は、混雑しやすいということです。あなたが、「この歯医者は夜までやってるんだ! 今度行ってみよう」と思っているとすれば、ほかにもそう思っている人がいるはずです。

予約したうえで混雑の覚悟を

多くの歯科の場合は予約制でしょう。そのため、直前に予約をしてしまうと、予約が取れない可能性があります。予定がわかり次第、余裕を持って予約を取ることをおススメいたします。予約制でない歯科の場合は、それ以上に混雑することが予想されるので、注意をしておきましょう。

そして、緊急治療の人が訪れる確率も高まります。例えば、とあるエリアに10件の歯科があり、そのうちの1件のみが夜20:00以降に診療を行っているとしましょう。もしも、20:00以降に、緊急を要する症状の出た患者がいた場合、その1件の歯科に駆け込むことでしょう。この場合、昼と夜とを比べると、夜は緊急治療患者の来る確立が10倍上がると考えることもできます。
つまり、診療している歯科が少ないぶん、緊急治療患者も来やすいということです。予約を取っていたとしても、帰宅が大幅に遅れる可能性があるということを視野に入れておきましょう。

夜間診療を受ける上での注意点

夜間診療で案外忘れがちな注意点が、夕食です。あまり、夕食後に歯科に行くという経験は、無いのではないでしょうか。夕食は、けっこうギトギトしたものを食べがちです。通院前に歯を磨ければいいのですが、仮にニンニク料理などを食べてしまっては、臭いが取れないでしょう。その状態で歯科に行くと、とても気まずい思いをするかもしれませんよ。できることなら、帰社後そのまま歯科に行くか、健康的な夕食をとってから歯科に行きたいものです。
ちなみに、そこまでギトギトした食事を直前にしていなければ、通院前に歯を磨かなくても問題ないような気がします。

夜間診療は、とても便利です。帰宅ついでに寄ることができますし、休日にわざわざ通院する必要もありません。しかし、夜間診療という慣れないことだからこそ、注意をすべきことがあるのです。
需要があるぶん、多くの患者が訪れますので、予約は余裕を持って行いたいものですね。また、通院直前の食事にも、気をつけたいものです。夕食が体に悪そうなものになりがちな方は、特に注意が必要ですよ。

最近増加中 埼玉で平日に歯医者へ行きたい時は夜間診療も可能

病気になった時に一番困るのは、サラリーマンやお仕事のある人にとって、病院の外来が夜間や休日に開いていないことです。もちろん急病や、救急車の必要な重病の場合は別です。でも会社を休むほどのことでもないような病気の時に、仕事帰りに寄れる夜間診療の病院があると助かります。

それは虫歯の治療にも当てはまります。虫歯は痛み始めると仕事も手に着かなくなってきますが、一旦治療のために歯医者さんに掛かると、結構何度も通院が必要です。でもそのために何度も会社を休んだり、早退したりは出来ません。そんな時に助かるのが休日診療や夜間診療です。でも急な発熱など、通常の病気とは違い、歯医者さんはこれまで中々夜間に対応してくれるところはありませんでした。

埼玉で増えつつある夜間診療

しかし最近は埼玉県にも夜間対応の歯医者さんが増えつつあります。歯の痛みは、痛み始めると何も手につかず、誰かに話しかけられても上の空になってしまいます。そうなると仕事上のミスも増え、最悪の場合には事故にも繋がりかねません。せめて痛みの酷い時だけでも夜間に対応してもらえると本当に助かります。

また歯医者さんに掛かった経験のある人であれば分かると思いますが、一度治療を始めると痛みが収まっても何度も通院が必要です。ですが平日に早々何度も仕事を休めないために、完全に治療が終わらない間に通院を諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。埼玉県でも始まった平日の夜間診療が可能になれば、少々残業が入っても仕事帰りに立ち寄れるので、虫歯を完璧に治療することが出来ます。

夜間=深夜までではない

夜間といっても必ず全ての夜間診療対応を謳った歯医者さんが、深夜まで営業しているわけではありません。中には20:00までというところもあります。それでも通常の勤務であれば17:30には終わる会社がほとんどなので、特に早退をしなくても会社帰りに通院が可能です。また20:00以降の受付が可能な歯医者さんも埼玉には結構あります。最終が22:30と、ほぼ深夜近くまで対応してくれる歯医者さんも出てきているので、近くに夜間対応の歯医者さんがあるかどうか、虫歯で苦しむ前から調べておくといいですよ。

歯科の夜間診療自宅付近がいい?会社付近がいい?「埼玉編」

歯科で夜間診療を受けるうえで、悩みとなってくるものが、どこのエリアの歯科にするかということです。大きく分けると、『自宅付近の歯科で夜間診療を受けるか』『会社付近の歯科で夜間診療を受けるか』で悩まれるのではないでしょうか。

この『どこのエリアで夜間診療を受けるか』という問題は、意外と悩みの種になってしまいますよね。正解はありませんが、経験をもとに、アドバイスをいたします。

通いやすさは大前提

まず、『普段も通いやすい歯科である』ということは、大前提として考えたいものです。歯科通院は一度で済めばいいのですが、虫歯などが見つかって治療を要する場合は、何回か通院をしなければいけません。たまたま初診日に通いやすい歯科を予約したのはいいけれど、治療のために何度かの通院を要するはめになったら、面倒なものです。
自分のライフスタイルを考えて、いつでも通いやすい歯科に行かれることをおススメいたします。

例えば、治療などで通院をする場合、休日にも歯科に行く可能性があれば、自宅付近の歯科にしたほうがいいでしょう。初診日は会社から直行できたのはいいけれど、治療のため休日にわざわざ会社付近まで行くのは、面倒なものですよ。もちろん、自宅が郊外にある場合などで、自宅付近に夜間診療を行っている歯科が無い場合は難しいでしょう。しかし、自宅付近に夜間診療を行っている歯科がある場合は、利用しない手はないのかもしれません。

評判も欠かせない

しかし、せっかく歯科に行くのですから、『評判のいい歯科』に行きたいと考えているかたも多いのではないでしょうか。インターネットでは、病院の口コミを確認することもできますので、評判のいい歯科はすぐに見つけることができます。

あまり、歯科にいいイメージを持つことはできませんよね。ただ、せっかくお金と時間を使って、歯科に行くのです。できれば、充実した時間を過ごしたいものです。
自宅付近、会社付近などにこだわらず、単純に評判のいい歯科に行くという方法も、ありなのではないでしょうか。

通う歯科を探すうえで、自宅付近か会社付近かは悩みますが、『通いやすい』という条件を前提にしなければいけません。仮に、会社付近の歯科にしても、治療などで通う場合に休日通院をすることがあっては、わざわざ休日に会社付近にまで行くのが面倒でしょう。純粋に評判のいい歯科に行ってみると、より充実した時間を過ごすことができますよ。

夜間だけじゃない 埼玉には土日祝にも対応してくれる歯医者があった

突然襲ってくる体調不良。病気や怪我に待ったはありません。たとえ夜間や休日であっても発熱や激痛は容赦なく襲ってきます。
しかしほとんどの病院や医院は、平日の昼間(18:00くらいまで)のみの診療がほとんどです。それは歯医者さんも同じです。

最近増加中の夜間診療

しかし最近は夜間に診察をしてくれる歯医者さんが埼玉県でも増えつつあります。これは本当にありがたいこと。もし仮に夜に我慢しきれない虫歯の痛みに襲われたとしたら、その時に診察してくれる歯医者さんの顔が仏様に見えるかもしれません。しかも埼玉県の夜間対応歯科医院は、急患だけでなく、治療を続けている人も通院ができ、予約も可能。

平日の夜に診察がしてもらえれば、何度も通院が必要で諦めていた歯の治療も最後まで続けることが出来ます。これは将来的には埼玉県から虫歯の治療を途中放棄した人がいなくなる可能性もありますね。

土日祝日営業の歯科も増加中

でもちょっと待って下さい。虫歯の痛みは何も平日だけに起こるものではありません。当然土日や祝日にも虫歯になる人はいます。平日であれば一晩痛みを我慢すれば、翌朝受診できるかもしれませんが、金曜日の深夜、運悪く夜間診療時間さえもオーバーした深夜に痛み始めたとすると、丸々2日間苦しまなければなりません。そんな時に休日も対応してくれる歯医者さんがあったら、何か手土産持参で行きたくなるほど嬉しいですよね。

実は埼玉県にもこうした土曜、日曜だけでなく、祝日にも対応してくれる歯医者さんがあります。ただ、まだまだそれほど多くはないので、必ずしもあなたが普段通っている歯医者さんが休日対応ではないかもしれません。そんな時のために、事前にNTTのタウンページやインターネットで情報を検索し、夜間診療や休日診療の歯医者さんを調べて、緊急連絡先として何処かにメモしておくといいですよ。
人はなぜかいざという時にならないと行動できませんが、『備えあれば憂いなし』、転ばぬ先の杖で、自宅や会社から最も近い、あるいは通勤経路の途中にあるような夜間診療可能の歯医者さんを調べておきましょう。

埼玉の夜間診療可能な歯医者さんは割増料金が必要なのか?

最近少しずつ増えつつある夜間診療の歯医者さん。平日は殆どの人が仕事を持っているので、平日の昼間は歯の治療を諦めがちです。その結果虫歯が悪化し、我慢できなくなってから歯医者さんに駆け込むといった人も多いはずです。そんな人の救世主が夜間診療に対応してくれる歯医者さんです。

夜間対応の歯医者さんは殆どが20:00以降の受付にも対応し、事前の予約も可能です。ですから会社帰りに安心して通院を続けれます。ですが、夜間対応の歯医者さんを利用する場合にはいくつかの注意点があります。

夜間の混雑は覚悟を

それは、全ての歯医者さんが夜間対応ではないということです。埼玉県でも夜間対応の歯医者さんは増えつつありますが、まだまだその比率は決して多くありません。裏を返せば、夜間も診察してもらえる歯医者さんは競争率も激しいということです。誰でも学校や会社を休まずに歯の治療をしたいと思っているはずです。ましてや痛んでいる最中であれば、仕事を休んでも許されるかもしれませんが、痛みが収まってからの治療に会社を早退させてもらうのは気が引けます。ですから夜間の診察は混み合うことや、少々待たされることは必至です。

歯の状態によっては優先度が上がる

また例え予約がしてあっても、どうしても我慢できない痛みを抱えた急患の人などがいた場合は、そちらを優先される場合があります。夜間は他の歯医者さんが閉まっているのですから致し方ありません。自分もつい最近まで歯の痛さに苦しんでいたのですから、その辛さは身にしみて分かるはずです。ここはひとつ予約がしてあってもそうした人に譲るしかありません。

診療費は変わらない

最後にもう一点、気になるのが診療費です。通常の診療時間である17:00を超えた場合割増料金が必要なのか?例えば22:00を過ぎると更に深夜料金も割増されるのか?
そういったことも気になります。でもご安心を。お医者さんが自ら夜間診療を謳っている場合は、その時間までが診察時間であって、何時であろうと割増料金や深夜料金は請求されません。
ただ、診療時間を超えてお願いした場合や、休日に我慢できない痛みに対応してもらった場合には、当然割増料金が発生するのでご注意ください。

会社帰りに歯科に行きたい! 埼玉の夜間診療OKを利用しよう

歯科へ行こうとしても、忙しくて行くことのできない方は、多いのではないでしょうか。
多くの歯科は、平日の18:00から19:00頃にまでは、閉まってしまいます。そうなってしまうと、会社勤めの方などは、行くことができないのではないでしょうか。

退社時刻が19:00以降の会社もあるものです。残業が当たり前に行われる会社では、なおさら退社時刻が遅くなってしまいます。そのような状況では、歯科に行くことができません。
また、土曜日は午前中のみの診療を行っている歯科が多いものですが、平日に行くことのできない人達が集中するため、とても混雑するものです。それに、せっかくの休日ですから、歯科なんかには行かないで、自分の好きなように時間を過ごしたいものです。

帰り途で寄りたいもの

できれば、会社帰りにふらっと歯科に寄りたいものです。仕事を終えて、少し寄り道をする気持ちで歯科に行けば、そこまで時間をもったいないとも思わないでしょう。歯科と行っても、一般的には30分程度で終わってしまいます。
しかし、休日に行くとなると、けっこう面倒なものですよ。たとえ、家から近くの歯科に予約をしていたとしても、「もっと寝てたい」なんて気分になってしまっては、行くのが億劫になってしまいます。
やはり、会社帰りの、帰宅のついでに歯科に行くのが、効率的なのではないでしょうか。

ニーズに合わせて夜間診療が増加中

先述したとおり、多くの歯科は平日の場合、18:00から19:00頃に閉まってしまいます。しかし、最近では、夜間診療をしている歯科も多いようです。平日の19:00に歯科が閉まっては、多くの会社員は行くことができませんよね。そんなニーズに答えてか、東京都を中心に夜間診療をしている歯科が増えてきたように感じます。

埼玉県内にも夜間診療を行う歯科もある

東京都内が多い印象ですが、関東地方の都市部でも、探せば夜間診療をしている歯科はあるものです。もちろん、埼玉県内にもあるでしょう。
自宅近くの歯科だと難しいかもしれませんが、電車通勤をしている方は、途中駅に夜間診療をしている歯科があることも多いですよ。そのような歯科を利用すれば、平日の会社帰りに診察を受けることができ、土曜日の混雑した歯科に行くということも免れることができるでしょう。

虫歯は、自分では見つけにくいですからね。歯に異常がない場合でも、定期健診として、歯科に通院したいものです。